OKラインとは WHAT’S “OK LINE”?OKラインとは WHAT’S “OK LINE”?

無意識に自分自身を評価している基準のライン

「OKライン」とは心理学、大脳生理学、NLP(神経言語プログラミング)などの理論をスポーツ、企業、教育の現場で10年以上応用していく中で作られた”自己肯定感”を作り出すためのリコレクトのメンタルトレーニング理論です。“これができれば自分自身にOKをあげられる”基準となるラインのことをOKラインと言います。人は取り組んだ物事に対して無意識に”できたのかできなかったのか”を評価しています。目には見えない、無意識に作り出している評価基準。それがOKラインなのです。無意識に行っているOKラインの設定を、自分に合わせて設定していくことで自信を持てる自分に変わることができるのです。

無意識に自分自身を評価している基準のライン

まずは、自分を知ることから始める

自己肯定感を持つためのファーストステップは自分を知ること。人は自分ができないことをできると思い込んでいたり、できることをできないと思い込んでいたりします。それは、現状を把握する際に”感情”や”願望”が入ることで誤った自己評価をしてしまうことで起こります。まずは自分に対しての評価を正しく行うことで、いま起こっている問題がなぜ起こっているのか?どうすれば解決できるのか?を知ることができるのです。

まずは、自分を知ることから始める

OKラインを正しく設定すれば
目標達成に近づける

OKラインは目標に向かっていくときに自己肯定感をつくり出すものです。高すぎても、低すぎても自己肯定感を得ることはできません。
高い目標をかかげているとどうしてもOKラインは高くなってしまい、自己否定感を感じやすくなってしまいます。そういったときに重要なのがOKラインと目標を混ぜて考えないこと。目標とOKラインは別のものとして考えてください。OKラインを自分に合ったものに設定することで、目標と現実のギャップを埋めていくことができます。目標を下げる必要はありません。OKラインを自分に合ったものにすることが大切なのです。
自分に合ったOKラインを設定することは、はじめは自分では難しいかもしれません。そためのサポートをするために私たちリコレクトのメンタルトレーナーがいるのです。OKラインを設定し、目標達成のために必要な「できないこと」を「できること」に変えていく。この小さなステップを踏んでいくことで自己肯定感が生まれ目標を達成することができるのです。

OKラインを正しく設定すれば目標達成に近づける

OKラインメンタルトレーニングとは、
自分で自己肯定感を
作り出すための方法です。

私たちが自分に対して『ダメだったか』、『ダメではなかったか』を判定するとき、さかい目となるのがOKラインです。『ストレスで精神的に追いこまれている時』、『プレッシャーで力が発揮できない時』、『やる気が続かない時』などは、
このOKラインが今の自分にあっていないことが大きな原因なのです。

OKラインメンタルトレーニングとは、自分で自己肯定感を作り出すための方法です。OKラインメンタルトレーニングとは、自分で自己肯定感を作り出すための方法です。

OKラインが高すぎると、自分に対していつも「ダメだ…」「自分をもっと変えなきゃ…」という気持ちがわいてきます。この気持ちのことを「自己否定感」といい、「自己否定感」があると本来できるはずのことができなくなってしまいます。そこで自分自身が知らないあいだに作ってしまっているOKラインに気付き、一番力が発揮しやすい状態にOKラインを下げて設定します。その結果、ストレスやプレッシャーの中でも自己肯定感を持つ事が出来きます。

自己肯定感を持っていることで、勝負強さやストレスへの耐性、また自発性やクリエイティブな発想などを引き出すことが出来ます。OKラインメンタルトレーニングとは、自分で自己肯定感を作り出すための方法です。環境や状況に左右されるのではなく、自分の心をマネジメントすることで本来の力を発揮できるようになります。