横峯 さくらさん

ゴルフ

Profile

2013 年 LPGA MERCEDES-BENZ PLAYER OF THE YEAR
2014 年 生涯獲得賞金10億円突破
サポート期間:2013〜2016

Interview

OKラインメンタルトレーニングを始めたきっかけはなんですか?

当時、1年11ヶ月のあいだ勝てない時期が続いていました。ずっと試行錯誤していたのですが、なかなか優勝することができませんでした。そんな時に森川さんに「メンタルは弱くてもいいんだよ」と言われたのがトレーニングを受けるきっかけです。今まではずっと「ポジティブでいなきゃ」「前向きでいなきゃ」と無意識に自分を苦しめていました。緊張やネガティブな感情を感じたままでもいいという、世の中でいいとされている考え方の真逆のだったので「面白いな~」と思ったんだと思います。

実際にトレーニングを始めてみてどうでしたか?

トレーニングを始めたのは、4月のフジサンケイクラシックレディースからでした。試合の結果は2位。それまでの私は、優勝以外は自信にすることができなかったのですが、不安やネガティブな感情を受け入れてプレーしてみると、自然とOKラインが下がり2位になったことを自信にすることができました。その自信を持って次週のサイバーエージェントレディースをプレーした結果、1年11ヶ月ぶりに優勝。この優勝で、今まで無理矢理ポジティブでいようとすることで、本当の自分と向き合うことをしていなかったんだなと感じました。トレーニングを受けてみて、結果を出すための一番の方法は自分と向き合うことだと気づきました。

自分と向き合うとはどういうことですか?

自分の感情を素直に感じることです。緊張していたら「緊張してるな」とただ感じてそれを受け入れてプレーするんです。それが以外に難しくて、油断するとすぐにポジティブに考えようとしちゃうんですよね・・・本当は緊張してるくせに(笑)

トレーニングはどのように行っているのですか?

試合へトレーナーさんに帯同していただき、試合前、試合後に話をします。話す内容は、試合前にどんな感情を持っているか、OKラインをどこに設定するか、プレー中どんな時にOKラインが上がりそうになるかなどです。

1年11ヶ月ぶりの優勝からシーズン4勝を挙げ、メルセデスランキング1位、年間最優秀選手にもなりました。それには様々な要因があると思いますが、メンタル面で1つあげるとしたらなんでしょうか?

自分に過剰な期待をしないこと。OKラインを下げてプレーし続けたら、自然と結果がついてきてくれました。あと、プレー中にいつも心がけていたことは「苦しまないことがゴールではなく、最終的に1打でも勝っていれば優勝」ということです。この言葉の意味をわかっていたようで、今までは全くわかっていなかったんだと痛感したシーズンでした。

来シーズンはどのような取り組みをしたいですか?

OKラインをあげずに頑張ります!

関連記事