柳田 真考さん

モータースポーツ

Profile

全日本GT選手権 SUPER GT300クラス
最高シリーズランキング 1位
サポート期間:2014〜2016

Interview

メンタルトレーニングとの出会いを教えてください。

精神的な部分をトレーニングすることに興味があって、周りの選手の中にもそういったトレーニングをしている人たちもいましたが、どのようにトレーニングに取り組めばよいのか分かりませんでした。自分がいつもお世話になっているドクターから、「こういう人がいるよ」ということで森川さん(メンタルトレーナー)の存在を知りました。他のメンタルトレーニングとは内容も違うようでしたし、まずは話を聞いてみようと思って、連絡を取ったのが始まりです。

トレーニングを受けてみていかがでしたか?

受ける前までは、ストイックに自分自身を追い込むようなトレーニングをするものだとばかり思っていました。速くならなきゃいけない! と徹底的に刷り込まれるんじゃないかって(笑)。それに、トレーナーは厳しくて、その人が持っている理論に自分がついていくものだとばかり思っていました。実際にトレーニングを受けてみたら、全く違いましたね。

メンタルトレーナーの森川はどんな印象でしたか?

森川さんは僕に合わせたトレーニング方法を同じ目線になって一緒に考えてくれる、とても真面目で勉強熱心な方です。僕のいる世界を感じるために、内緒で岡山や九州にまでレースを見に来てくれたぐらいですから。僕だけじゃなくて、他の方にも同じように密に取り組まれているようなので、頼れるトレーナーだと思います。

メンタルトレーニングはどのくらいの頻度で行うのですか?

トレーニングはほぼ週に1回で、1時間から1時間半ぐらい行っています。自分自身と向き合う時間や自分自身で行うトレーニングの時間が減ってしまいますから、回数を増やせば良いというものでもないようです。

どのようにメンタルトレーニングを行うのですか?

基本的にはメンタルトレーナーと対話をしながらトレーニングを行います。様々な感情を表現した顔の描かれたカードを使って自分の感情を表現する力を高めたり、集中力のアップを体感するためにパターとゴルフボールを使うこともありました。人それぞれ色々な方法があるようです。

具体的なトレーニング内容を教えて頂けますか?

最初は、自分がどういう人間でどういった性格なのかを客観的に理解することでした。そして、自分の中で何が起きているのかに気づくことからトレーニングを始めます。それを踏まえた上で心を落ち着かせるためのメソッドや、集中力を高める方法を学んだりしたんです。

例えば、普段の生活の中でイラっとしたときに、その気持ちをコントロールすることもトレーニングのひとつです。イラっとしたことにまず気づき、何故イラっとしたのかを考え、それを落ち着かせるためにどうするかを自分の中でコントロールするんです。レース中は無心になって走っているので、意識することはなかなか出来ませんから、普段から心がけるトレーニング方法が、いざという時に表れるのだと思います。

メンタルトレーニングの効果をレースで感じたことはありましたか?

年間に9戦ほど出場するので、レースごとに調整をしていきます。自分のコンディションや車のコンディション、その他にも色々な要因が重なって、気持ちが乗る時もあれば、そうじゃない時もあります。OKラインメンタルトレーニングを受けたことで、うまく乗れていない時に自分自身を良い状態へ持って行く力が身に付いてきていることは実感しています。それから、自分が次にどうすればいいかという問題点も見えるようになってきました。理想にはまだほど遠いですが、今までと比べるとずいぶん変わってきていると思います。

関連記事