恥ずかしさに強くなると、パフォーマンスが上がる 清水利生の【連載】サカママコラム

”緊張、プレッシャー、恥ずかしい=うまくいかない”
と、思っていませんか?でも実は、そうではないのです。

これまでにメンタルトレーナーの清水利生がたくさんのアスリートをサポートさせて頂いた中で感じること。

それは、ジュニアアスリートでもトップアスリートでも、恥ずかしいと思えるようなことを人前でできる人ほど、緊張やプレッシャーの中でも自分の力を発揮しやすいということです。

では、それは一体なぜでしょうか?
詳しくはこちら!


-サッカージュニアを支えるママのための情報サイト-

「恥ずかしさに強くなるとパフォーマンスが上がる」


清水 利生プロフィール

元プロフットサル選手。引退後、メンタルトレーナーに転身。現在は株式 会社リコレクトに在籍し、プロアスリートや、ジュニアのメンタルトレーニングを行う。
また、丸の内朝大学「心理メソッドクラス」やリコレクトメンタルスクールでは講師を担当。

<サポートチーム>
フウガドールすみだ(Fリーグ) 2014~現在
TOYOTA自動車ヴェルブリッツ(ラグビートップリーグ) 2015~現在
TOYOTA自動車スケート部ショートトラック 2016~現在

もっと詳しく

  • 媒体タイプ:
  • WEB担当:鈴木 雄太

関連記事