青木 義典さん

メンタルアドバイザー資格取得クラス

Profile

メンタルアドバイザー資格取得クラス受講者

Interview

メンタルに興味を持ったのはなぜですか?

具体的にメンタルを意識したのは、以前に働いていた職場の新入社員が精神的な病気にかかったことがきっかけです。

上司に相談をしたのですが、なかなか重要な問題だとは思ってもらえずに口論になってしまいました。最終的には「お前は専門家じゃないんだから黙っておけ」と言われ、それ以上話を聞いてもらうことが出来ませんでした。その悔しさから専門家になってやろうじゃないかと思い、勉強を始めました。

これ以上病気になる人間を出したくないという想いと、自分は病気にならないのだろうか、どうして病気になる人間とならない人間がいるのだろう、という疑問にも自分の中ではっきりさせておきたいと思いました。

実際に受けてみて、どのような気づきや変化がありましたか?

「感情を評価してはいけない、感情はコントロール出来ない」ということが凄く心に響いて納得させられました。

つい感情を評価していまい、マイナスの感情を持ってしまうと自分を否定していまいがちですが、大切なのはその感情を持った時に自分がどんな行動を取れるのか、という点で評価出来るようになりました。

大切なのは自分の感情から目を背けないこと、自分が感じている感情としっかり向き合うこと、今なぜ自分がこういう感情を持っているのか知ることだと思うように変わりました。

自分の感情と正しく向き合うことが出来ると、感情によって行動を止めることなく必要な行動を取ることが出来ると感じています。知識としていくら正しいことを知っていても、自分で体感したり共感出来ない限りは納得できないことだと思います。また、相手がいる場合はその人の経験などと結びつくような話が出来ないかを考えるようにもなりました。

講師を担当するメンタルトレーナーの印象は?

相手に答えを与えるのが役割ではないというやり方を取られているのが凄くいいと思います。

どうしたいか、どうなりたいのか、という答えは本人の中にしかなく、トレーナーにできるのはその答えを見つける手助けをすること、というのが徹底されています。これは自分自身も見習わなければいけない点でもあり、自分が何か相談を受けた時に気をつけなければいけない点であると思わされます。

(自分が相談を受けた時に)つい自分の望む様な方向へもって行ってしまいがちですが、それだと相談者が望んでいることではなく、トレーナーやアドバイザーの自己満足にしかならない危険性があると気づかせて頂けます。

リコレクトで受講してみてどうでしたか?

単なる知識の説明だけではなく、実技などを体感させてもらえたり、自分の経験から納得させてもらえるような講座だったので、より深く吸収することができ、もっと知っていきたいと思いました。

また、定期的にフォローアップ勉強会も開催して頂き、より実践的な学びを与えて頂けるのがすごく有り難いです。教えて頂ける内容も実際の現場からのフィードバックが豊富である為に自分の経験とリンクすることも多く、単に頭で理解するだけはなく、「確かにそうだよな」と納得させられ、印象深く心に響きます。

リコレクトで学ぶことで、自分自身を知ることの大切さや、本人にしか本当の答えはないという新たな視点で、メンタルに興味を持つことが出来るのではないかと思います。

関連記事