茅野 留美さん

メンタルトレーナー資格取得クラス

Profile

Interview

メンタルトレーナーの資格に興味を持ったきっかけは?

ずっと心理学に興味があって、様々な本を読み漁っていた時期がありました。
本格的に勉強したいなと思った事もありましたが、それには大学などで専門的に学ばなければならないと思っていたので、学力に自信もないし難しいかなと・・・。

いわゆる受験的な勉強をするということにも二の足を踏んでいたのもありました。そんなこんなで心理学を学ぶことを諦めかけ、本を読むことも少なくなってきた頃、ネットの広告でリコレクトのOKラインを見たんです。

そこには『勉強』としての難しい精神論ではなく、実用的でいつも自分が大事だと考えていたことがわかりやすくまさにもうそのまま書いてあって!自己肯定感の積み重ね方とか。

そのときにタイミングよくメンタルトレーナークラスの募集をしていたので、これだ!と思いました。OKラインがまさに自分が指導者として10年前から実践してきたこと、自分が伝えたいと思っていたことだったので、説明会を受けに行ったり他の心理学教室と迷ったりせずにすぐに受講を決めました。

普段はどんな活動をされているのですか?

私は大江戸ダンスという小中学校向けの舞祭チームを率いてます。

そこには勘がよくてすぐに踊れるようになる子もいれば、スキップすらできない子もいるんですけど、一人一人その子が頑張っているところを伸ばしていく、というスタンスで教えていました。

『他人と比べず、自分が一歩踏み出す勇気や成長を大事にする』 それは離婚や子育ての、まるで終わりの見えないような不安と向き合ってきた自身の経験から、自ら思考の訓練をして、どう生きれば楽しく生きられるのかということをいつも考えていた上で出した『うまくいかなかったり、転んだりする経験はすごく大事だけど、その時にどう起き上がってくれば良いのかといことを知るのが大切だ』という考え方があったからです。

しかしその伝え方が経験からの自己流で、確固とした理論もなく、自分の思いとは裏腹になかなかうまく伝わっていないという感覚がありました。自分の考えや教え方とそっくりそのままだったOKラインの理論を学ぶことで、的確に伝えていきたいと強く思ったから、資格取得に迷いはなかったですね。

実際に受講してみていかがでしたか?

理論の全てが納得できて、感覚でしかわからなかったことや伝えられなかったことが、言葉にしてわかり、より的確に伝えられるようになりました。授業は自分を内観するのに凄く役に立ちました。

1番気づかされたことが、自分こそまだまだ感情のアクセルとブレーキの制御がうまくできす苦しんでいたという事。頑張っていない人に過剰な苛立ちを感じたり、頑張っている自分が評価されないことに納得がいかなかったり。他人からの評価に多くの価値を置いていたんですね。

でもそれをトレーナーに話すとそんな私を受け止め、自分を変えようと学ぼうとしている事を認めてくれて、すごい自己充足感を感じたんです!

今は『感情に気付き、感情を評価しない』というリコレクトの考え方が自分の心の支えになっていて、これまで突っ走りながらでも生きてきて良かったなとまで思えるようになりました。辛い想いだけでなく、悪かったことも自分の学びになっているので、本当にすごく自分が変わったと思いますし、穏やかでいられるようになりましたね。

世界をまたぎ様々な分野でプロとして活躍されてきた講師の皆さんは、ご自身の私生活を含めての実体験からのメンタルトレーニングの例はとてもリアルで、自分の似た経験と重ね合わせる事ができ、また、講義は一方的に説明されるのではなく、少人数でたくさん質疑応答しながら実際の自分の悩みを事例にしていただけるのは非常に理解しやすく記憶に落とし込みやすかったです。

授業を受けてみて何か変化はありましたか?

人を褒めたり認めたりする言葉が無理なくするすると出てくるんです。

OKラインがすごく下がったんですよね。特に自分の子供に対して。大江戸ダンスで教える子供達には小さな成長をほめてあげられるのに、自分の子供となると、ついつい余計な感情が入って厳しくなってしまって。例えばテストで良い点を取ってきても『惜しいな!』という思いからなんですが、うっかり落としてしまった5点から見てしまう、みたいな。

それが今はできたところから誉められるようになった。こうして話すと当たり前でばかみたいなことですが、自分の子供だとこんなこともできなくなるのが世の親の多くだったりするんですよね。他にも、何にでも頑張り屋で向こう見ずの娘とわかっていながら向こう見ずのところを先に指摘してしまったのが頑張ってることを認めてあげる言葉からかけられるようになりました。

茅野さんご自身についてはいかがですか?

自分自身に対しては、私は小さい頃からリーダーシップを取るキャラクターで、そのキャラでいることが大事だと思っていた為に無理をしていることに気づき、本来の自分で自分らしく生きることを40歳を超えてようやくできるようになりました(笑)。

見え方、感じ方が大きく変わり、無理をせず気持ちを楽に生きれるようになったことで、思ったことを無理な我慢をせず、きちんと伝えられるようになり、より自分に自然に、そして自分を大切にできるようになりました。

指導している子供達には、習ったメンタルアドバイスを積極的にレッスンに取り組むようにしたことで、大人しい子は自己肯定を積み重ね積極的に、元々積極的な子はそれはそれで叩かれたりとややもすればトラブルメーカーになりがちなのですが、そんな自分とちゃんと向き合えるようになったり。

どの子も自分の今の悩みから目をそらさず向き合い、OK!ラインを積み重ねて成長しているのがわかります。そして我が子を1番心配して悩んでいるであろう保護者の方から、その変化を喜んでいただけるのは指導者冥利に尽きます。

リコレクトの豊富な経験を持つトレーナーからわかりやすく生活にすぐ応用できる実践的な理論で心理学を学び、自ら実践し、伝えられるようにもなり、今はすごく楽しいです!大げさに聞こえるかもしれませんが、これからの人生、なんて楽しいんだろうとすごくワクワクして、すごく楽しみです!

関連記事