石原 直美さん

メンタルアドバイザー資格取得クラス

Profile

株式会社リクルートで営業職として活躍後、子育てをライフワークの中心にするために退社。現在は中学生と高校生の2人の男の子の母親として、 積極的にお子さまと関わっていらっしゃいます。傍らで、研修講師としても活動。趣味はショッピング。大学時には馬術部に所属し、インカレ出場 という経歴もお持ちです。

Interview

何が受講のきっかけでしたか?

私の次男はアメリカンフットボールをやっています。試合に挑む次男の姿を見た時、フィールドの上では彼が自分で頑張るしかなく、ここからは母親の私には何も出来ないと、誇らしさと淋しさを感じました。と同時に、母親として日常生活の中で、メンタル面でのサポートが出来るのではと思いました。

試合に出て勝つために毎日一生懸命頑張っているのを見て、試合の勝敗に関係なく、これからの彼の人生で活かせる力にしてあげたいと考えています。行き当たりばったりの漠然としたサポートではなく、どんな局面でも適切にサポートができるようになりたくて、きちんとしたスキルを学ぼうと思ったことが、ここで勉強したきっかけでした。

どんなところが印象的でしたか?

いくつかのスクールに体験に行きましたが、リコレクトを選んだのは、トレーナーの後藤さんのお話を聴いたことです。彼女の彼女自身への向かい合い方こそが、私の学びたいそのものでした。OKラインメンタルトレーニングは単なる精神論ではなく、体系化された理論を学び、それに基づくスキルを使ってトレーニングをするというものでした。これは、実生活の子どもとの関係に使えるし、使いたい!と思いました。

先生は、ご自身の体験や思いをのせて、主婦の私にも解りやすく説明して下さいました。感動や共感で涙してしまうなど、まさに生きた講義でした。一方、実技演習では実生活に活かせるようにと、厳しくご指導頂きました。2日間短期集中講座は、理論とスキルを次々と学ぶので、忘れる間なく頭に入り、私にはとても向いていました。また、卒業後のフォローもしっかりしているのがリコレクトの魅力です。

どんなことに活用をしていますか?

以前は、母として良いアドバイスをしなくては、と計算しながら子供の話を聞いていました。しかし今は、リコレクトで学んだ理論とスキルを活かし、今の私が今の息子に出来る最善と思われるアドバイスを素直にしています。

先日も「母さんに相談してよかった」、と息子に言われて胸が熱くなりました。OKラインメンタルトレーニングのメソッドを頭の片隅に入れておくと、母親の私自身も、心は楽なのに心の在り方は鍛えられている、そんな感じがしています。そして、子供達との日常の些細な会話の中で、リコレクトでの学びが役に立っています。

関連記事