谷田 郁子さん

メンタルトレーナー資格取得クラス

Profile

ベビースイミングのテクニカルトレーナーとして、新人インストラクターの育成から、既存コーチのスキルアップ研修を担当。全国の店舗で研修を行われています。さらにご自身もスイミングインストラクターとして、赤ちゃんから成人の方のレッスンを担当。
家では二人の子どものお母さんでもあり、特にプロゴルファーを目指している娘さんのために、送り迎えを行うなど母親としてサポートする毎日を送られています。

Interview

受講のきっかけは何ですか?

プロゴルファーを目指す娘と、「どうせ俺はダメだ」が口ぐせの息子のサポートがしたいと思ったことが勉強を始めたきっかけです。

さらに、人を育成する自分の仕事にも活かせることなので、一石二鳥だと思いました。けれど勉強を始めてみて、まず自分自身が変わったことが一番の収穫でした。これまでは自分が評価される場面でどうしても見栄をはりたくなってしまったのが、今は楽に自然体でいられるようになりました。さらに、メンタルについての専門的な知識を身につけたことで、スイミングのお客様から安心して相談されることが多くなりました。

実際に受講してみていかがでしたか?

知れば知るほどメンタルトレーナーになりたいという気持ちが強くなりました。勉強したことで自分自身が変わったことはもちろん、娘がリコレクトのメンタルトレーニングを受けた時、たった数回のトレーニングで考え方や結果に変化があったのを見て、自分もこんなサポートを出来るようになりたいと思うようになりました。

しかも、最近ではメディアでスポーツ選手がプロのメンタルトレーナーを付けているということをよく耳にします。これからは必要になってくる仕事だと感じたので、トレーナーコースまで進もうと思いました。

今後の目標は何ですか?

いずれはメンタルトレーナー中心で仕事にしていきたいという目標があります。

トップアスリートではなくて、地域の子どもやそのお母さんなど、身近な人のサポートをしたいです。私自身、お母さんの子どもに対する気持ちやストレスを経験してきたので、同じような悩みを持つ方のトレーナーとして活動していきたいと思っています。

40台半ばで新しい仕事につくことは不利だと思っていました。けれど、メンタルトレーナーはこれまでのキャリアや人生経験を武器にすることが出来る仕事です。これまでは今の仕事が続けられなくなった時のことを考えると不安がありましたが、今は新しい目標に向かって取り組んでいきたいと思っています。本当にここで勉強できてよかったです。

関連記事